2008年 04月 05日
イチャンコッペ山 春
4月5日
天候不良で2日延期して支笏湖に向う。道路わきにも山肌にも殆ど雪は無く雪どけの早さが感じられる。
支笏湖手前のヘアピンカーブにある駐車場で支度をする。見上げる山肌や沢にも雪が見えない、念のためスノーシューをザックに括り付け、つぼ足で登ることにする。

登山口からの急な登山道は昨年の枯葉道が続いている、久しぶりの夏道感触が伝わってくる。
所々残っている残雪はさほど埋まる事も無い、1時間ほど登ると幌平山から続く開けた尾根に出る。逆光ながら湖水の向こうに黒い風不死岳に純白に光る樽前山が寄り添うように聳えている。
f0041230_1262190.jpg
風不死岳と白い樽前山

高度が上がるにつれ林が薄くなり見晴らしが良くなり後方に恵庭岳の爆裂火口が見えてくる。
大きな反射板が近づき急斜面となる。春の暖かさに一汗掻いて登りきると見晴らしの良い8合目となる、
f0041230_1263820.jpg
支笏湖と残雪、黄砂の汚れはまだ無かった

支笏湖周辺の山、漁岳、空沼岳、札幌近郊の烏帽子岳など、一服しながら眺望を楽しみカメラに収める。
此処まで2時間だ、シニアらしくゆったり登山で良いペースだ。
f0041230_126532.jpg
8合目ピークと恵庭岳

此処から緩く降り、登り返すと20分ほどでイチャンコッペ山頂に着いた。
暖かく、無風、快晴、周辺の眺望は愉しい登山だった。
f0041230_12381713.jpg
                   ◆山頂より支笏湖
[PR]

by sdezaki | 2008-04-05 12:02 | ゆったり山歩 | Comments(0)


<< めざめ      早春花 >>