<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007年 07月 29日
コマクサの山 平山
2007/7/26
 昨夜何時ものように雨乞いならぬ晴天乞いを忘れずに行ったが効き目がうすく、今朝は低い雲と山間に霧がかかっていて、チョッと気が重い。雨は無さそうなので朝食を済ませ白滝キャンプ場を出発した。(バンガローがあるオートキャンプ場でした)

 10Kmほどの林道突き当たりに広い駐車場があった。先着はワゴン車1台、後部スライドドアが開き準備中かと思ったがいつまでも持ち主が現れないので車中を覗いたが誰も居ないのです。最新型の車で電動ドアのようで押しても引いても締まらないのです。山中で持ち主に会ったが、総べて確認した後にリモコンを触ってしまったのだろうと云う結論でした。皆さんもご注意!

 前置きが長くなったが6:40我々12名も出発した。川沿の沢地形を進むと幾本かの小さな川が現れる、40分ほど行くと大きな”冷涼の滝”に着き一休みする。ミゾホオズキ・フキユキノシタなどが沢水の近くに瑞々しく咲いている。
f0041230_21533394.jpg
          フキユキノシタ

 更に登り、雪渓が見えてきて見上げると濃い霧で尾根の高さも見えない。シナノキンバイやシモツケの群生が疲れを癒してくれる。やがて第一雪渓に着くとエゾノリュウキンカの群生が花を咲かせ雪渓の下から小川が現れる。一休みしながらカメラの構図に苦心する。雪渓はかなり上まで続いている、雪渓の安全なところまで登り徒渉すると急な登りに差し掛かるがこの辺りから高山植物らしいカラマツソウ・エゾコザクラ・キンポウゲなどが顔をだす。
f0041230_2155271.jpg
          第一雪渓の下に咲くエゾノリュウキンカ

f0041230_21552079.jpg
          第一雪渓

 第二雪渓を過ぎると尾根の様子が見えてきたが霧は相変わらず流れている。道端にウスユキトウヒレン・リンネソウが顔を出すとやがて尾根に出て平山方向と比麻良山方向のT字路分岐となる。尾根の向こう側に表大雪が見える場所だが下から霧が湧き上がり全く何も見えない。そのまま左の平山へ向った。
f0041230_2156989.jpg
          リンネソウ

 いくらも歩かない内にタカネシオガマが今が盛りと霧の向こうへ続いている。写真の好きな山仲間は直ぐに撮影モードとなる。上から横からレンズを透して見ると水滴の付いた花々が一層美しくファインダーの中に広がって見える。ワクワクする瞬間だ。しゃがみ込み苦しい姿勢で数枚撮り顔を上げると先に行った連中が霧に消えかかっており、慌てて追いかけるのだがそこ此処に先ほどの花より形の良い色の濃い株が現れ、水滴たっぷりのコマクサも現れ「私も撮って行ったら!」と誘惑するのです。帰りに撮ることにして先を急ぐと、またまた花穂に水滴たっぷりのチングルマです。廻りの地形を覚えながら、なだらかな平山頂上へ到着です(9:55)。
f0041230_21564120.jpg
          上から見ると車輪のようなタカネシオガマ

f0041230_2157135.jpg
          タカネシオガマ

f0041230_21573385.jpg
          水滴の飾りをつけてイワブクロ

 昼までは時間がたっぷり有るので写真撮影をしながら2Km先の比麻奈山~比麻良山へ行くことにする。先ほど撮り残してきた花々を撮りながらT字分岐へ戻り、

f0041230_21575724.jpg
          チングルマ

f0041230_21581943.jpg
          比麻良山へ向かって

f0041230_21584288.jpg
          チシマツガザクラ

比麻良山側に踏み込むと今度はコマクサの大群落に出会う。密度の濃さが驚くほど濃いのだ、2輪ほどの白色コマクサが咲いていた、コマクサの生息地には驚いた、スレート状の石を除けても、その下にも土など無いのではないかと云う場所に大きく根を張っているのだ。なぜこんな厳しい環境に根を張るのだろうと感動した。
f0041230_2159614.jpg
          白色コマクサ

f0041230_21592616.jpg
          コマクサの群生

f0041230_21594961.jpg
          水滴いっぱいに咲くコマクサ

 比麻奈山まで行き、昼食にした後、今日の最終目標である500mほど先の比麻良山まで空身で往復した。次回は雲海に浮かぶ表大雪を撮ってみたいと思うのでした。
f0041230_2201839.jpg
          イワギキョウ

f0041230_2204397.jpg
          下山
[PR]

by sdezaki | 2007-07-29 21:48 | ゆったり山歩 | Comments(4)
2007年 07月 18日
ニペソツ山 東大雪の展望台、
2007/7/18
朝4時に起き準備を済ませ薄暗い表に出た、暗いのはどんよりと曇って山間にガスが掛かっているせいだった、肌寒いなかザックの準備をして登山口へ向った。標高1000mほどの登山口に着く頃には雲が切れ朝日が射してきて頭上には青空が広がっている。登山口を5:30出発する。

 丸太2本を並べたチョッと危なっかしい橋を渡ると、直ぐに鬱蒼とした登山道の急登が始まる。ゆっくりゆっくりと体調を確かめながら黙々と歩を進める。気温は早朝と相まって快適だが道端の花は殆ど終わっていた、ニペソツ経験者のOさんに尋ねるとこんな調子が2時間ほど続くという。

f0041230_21541787.jpg
                ウペペサンケ山

途中フラットな休憩場所で振り返ると林間から糠平湖が鏡のように静でその向こうは雲海が広がっている。南方には9月に予定の台形のウペペサンケ山が大きく横たわって見える。エネルギー補給して”天狗のコル”を目標に出発する。同じような傾斜が続く。

f0041230_2156653.jpg
                糠平湖の向こうに雲海

 2時間半程で急な登りが終わり”天狗のコル”に着く小さく平らなテント場があるが苦手な私としては「よくも、まあ、こんなところまでテントを担ぎ上げキャンプが出来るものだ」と思う。見上げると前天狗の頂上辺りが見えて来た。

f0041230_21563189.jpg

          石狩岳山塊の奥に残雪の表大雪の山並み

 時々頭をぶつけたりしながら、岳樺やミヤマハンノキのトンネルをくぐり抜けると、突然にガレ場に躍り出た。目を上げると残雪美しくクッキリと旭岳からトムラウシの大雪山連峰が青空に浮かんでいた。「オーッ!・スゴイ!」皆の感嘆の声が響きます。こんな景色が見れるからやめられない。

f0041230_21571694.jpg
               石狩岳を背に前天狗を行く

 ゆっくり風景を愉しんで、 トンネルをもう一度くぐり終えると樹林限界となり岩場とハイマツとハンノキの低木帯が続き高山植物が一面に現れるが、花の時期は終わりに近いのだろう、花の群落とまではなっていない、今はイワブクロが盛りと瑞々しく咲いている。珍しくエゾウサギギクが咲いていてカメラに収めた所で前天狗のガレ場を登りきっていた。

f0041230_21581499.jpg
        前天狗まで登るとドッカーンと聳えるニペソツ

 「今日のクライマックスだ。此処まで来たら今日の目的は達したようなものさ!」写真やガイドブックで見たそれ以上の風景が広がっています。
思わず感激の叫びが出ます。「ヤッター!・見えたぞー!・ヤッホー!」多少パニック状態でシャッターを押し捲ります。背景には十勝連峰が端から端まで一目です。青空に鋭く尖ったニペの山容を眺めながら大休憩を取るのでした。

f0041230_2203545.jpg
山頂をズーム

f0041230_2222279.jpg
               天狗平とニペソツ

f0041230_2243986.jpg
天狗平から100mの下り

 すでに4時間を越えています、当然元気な山仲間はニペ山頂へ行く気満々です。「此処まで来たのだからゆっくり行ってみよう」とカメさんチーム宜しく腰を上げるのでした。
 でも此処からが大変なんです。7~80mの谷を降りて登り”天狗平”へさらに100m以上下り300mの登りです。尾根は細く一歩一歩細心の注意をはらって歩きます。ニペソツ山の山容を何とか表現したいのですが私の腕とワイド側28mのレンズでは「ハバケル」(収まりきれない)のです。

f0041230_2251155.jpg
稜線に刻まれた登山道

f0041230_225427.jpg
天狗岳とニペのコルで一休み

f0041230_227278.jpg
山頂間近!ゆっくり行くとこんな構図が撮れるよ(笑)。

 急峻な北斜面をゆっくりと登りトラバースし目を上げると大雪連峰から十勝連峰が一つながりで望めます。ガレ場に差し掛かると「ピチッ・ピチッ」とナキウサギの鳴く声がします。出来るなら1時間程留まり写真に撮りたいところだが先行隊の姿も見えない。トラバースを終えて西斜面に出ると頂上間近の先行隊が確認できた。最後の頑張りで東大雪の最高峰2013mを登ることができた。

f0041230_227249.jpg
振り返ると天狗平と天狗岳が・・

f0041230_2275958.jpg
表大雪を正面に緊張と満足の下山
 なんと6時間半(休憩含む)掛かり、帰りの辛い登り返しと長い下りと全工程12時間のニペソツ登山でした。
[PR]

by sdezaki | 2007-07-18 21:28 | ゆったり山歩 | Comments(4)
2007年 07月 18日
ニペソツ山の花
2007/7/18
イワブクロが盛りに咲いていたが終わりかけの花が多かったようでした、登山が一杯一杯で花は二の次でした。
中腹から山頂まで満遍なく咲くイワブクロ
f0041230_1721626.jpg

コケモモ
f0041230_1722942.jpg

目立つ黄色の花はエゾウサギギク
f0041230_1723910.jpg

チシマギキョウ
f0041230_1725160.jpg

ホソバイワベンケイ
f0041230_173413.jpg

エゾイソツツジ
f0041230_1731956.jpg

アオノツガザクラ
f0041230_173318.jpg

エゾノツガザクラ
f0041230_1734074.jpg

[PR]

by sdezaki | 2007-07-18 16:55 | 花 & 実 | Comments(0)
2007年 07月 17日
ニペソツ登山・糠平へ
2007/7/17
ニペソツ山に登ってみたかった。登山前日、野幌PAに集合して今日の宿である糠平温泉へ向った。途中天気に恵まれ東大雪の風景や写真スポットのタウシュベツ橋梁を写真に収めてきた。
雪渓が残る紅葉で有名な銀泉台方向の山々と秋のような空
f0041230_17362341.jpg


ダムの水かさの増える6月頃から湖面に沈み始め、10月頃には湖底に沈みます。水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現します。幻の橋といわれる所以です。
風化が進むタウシュベツ橋梁を4点
f0041230_17372391.jpg

f0041230_17373682.jpg

f0041230_17375226.jpg

明日の目標ニペソツ山を背景にして
f0041230_1738991.jpg

[PR]

by sdezaki | 2007-07-17 17:21 | 風景 | Comments(0)
2007年 07月 04日
富良野岳 ハクサンイチゲの名山だった。
 雷雨のあとの夕焼けは雲海に浮かぶ夕張山地の山々が影絵のように形を刻々と変える。ふと目を覚ますと鶯が五月蝿いほどさえずり続けるている、まだ3時半だというのに鶯という鳥は随分早起きな・・・と感心する。
f0041230_23204770.jpg

 空の青さがだんだんハッキリして雲一つなく十勝岳の噴煙が朝日に照らされ白さが際立つようになる。「今日は綺麗な写真が撮れそうだ!」。昨晩の晴天乞いが効いたか?!。
f0041230_23211065.jpg

 各自朝食を済ませ凌雲閣駐車場へ向い6:30登山口を出発する。富良野岳が雲一つない青空に聳えている。安政火口入口で一息入れ、D尾根の登りに掛かる、今日は体調が良さそうだ、D尾根まで楽に登りきった。
此処までくると富良野岳の全容が見える撮影スポットだ。一服の間に腰に違和感を訴えていたMさんが追いついてきた、どうしても富良野岳の花園が見たいらしい。
f0041230_2321355.jpg

 上ホロ分岐にはたっぷりの雪渓が残っていて、東京からの女性10名ほどのツアー客が朝食で腹ごしらえをしていた。彼女達を追い越して三峰山沢の雪渓で一服すると雪渓の谷沿いに冷たい風が吹き抜ける。
f0041230_23215916.jpg

 此処から富良野岳肩分岐までの長いトラバースになる、急な登りを終えた処にある小さな花園を期待したがそこも雪渓があり雪渓のはずれにエゾイチゲやキバナシャクナゲが僅かに咲いているだけ、今年は時期が早すぎて此処より上に花は咲いていないのではないかと不安になる。
f0041230_23245481.jpg

 トラバースを続けると、馬蹄形に回ってきたので右下の谷の向こうに凌雲閣が随分近く見え、振り返ると秀麗な十勝岳を頂点に三段山・上ホロカメトックが青空に聳えていて、幾度振り返ってみても美しく何度も何度もシャッターを押してしまう。
f0041230_23253199.jpg

 肩分岐への最後の登りに来るとシナノキンバイの蕾・チングルマ・エゾノツガザクラなどが顔を見せ始めた。下方には雲海が美しく広がっている。ナナカマドとハイマツ帯を超えると広い富良野岳肩分岐に到着した。歓声があがる。連なる山に湧き上がる雲がなんとも美しいのだ。
f0041230_2326345.jpg

 エネルギー補給をして最後の急登に取り掛かる、急な階段道を登り尾根に出るとスゴーイ!、急な斜面一面がハクサンイチゲの群落だ!エゾコザクラ・が混ざり頂上まで続いている、すっかり撮影モードになった我々を東京の団体ツアー客が感激の言葉を交わしながら追い越していく。花を愛でながらいつの間にか山頂に到着した。(登り3:40)
 昨晩の晴天乞いで余ったワインを担いできたというのでささやかに乾杯をさせてもらった。少し早めの富良野岳はハクサンイチゲの名山だった。
f0041230_2327859.jpg

エゾノハクサンイチゲ
f0041230_1216545.jpg

エゾコザクラ
f0041230_23294678.jpg

エゾノハクサンイチゲ
f0041230_23307100.jpg

ミヤマキンバイ
f0041230_23303283.jpg

エゾノツガザクラ
f0041230_23305569.jpg

ヨツバシオガマ
f0041230_23312998.jpg

[PR]

by sdezaki | 2007-07-04 23:18 | ゆったり山歩 | Comments(8)