<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 25日
春山山歩の小喜茂別岳
3/25中山峠を越えると見える羊蹄山は雲の中にそれらしい影さえ見えなかった、。小喜茂別岳山頂辺りも雲の中だった。峠を降っていくと登山口近くに15台ほど止められる広場に駐車させてもらい9時過ぎに高圧線鉄塔を目印に出発する。
数日来の暖かさが今日も続いていて、午後に向って晴れの予想なのでこれ以上は悪くならないだろう。

スタート地点の急斜面を登りきる頃には汗だくで息も上がっていてトレーニング不足を感じる。
一段目を過ぎると山頂直下までなだらかな登りとなり青空を背景に樹上のツルアジサイが枯れ花を咲かせていたり、、膨らみだしたネコヤナギを見ながらのゆったり尾根歩きとなる。
f0041230_17424982.jpg
◆ダケカンバ

やがて山スキーで楽しめそうな急斜面に差し掛かる。
気温が上がりシャーベット状態になってきたようだ。
一頑張りすると下山準備をして、くつろいでいるスキー班が見えた。頂上近くなって岳樺の樹氷が陽に照らされ、時おりパラパラと落ちてきていた、2時間余りで頂上に着いた。
f0041230_17431062.jpg
◆青空になり喜茂別岳が見える

暖かい山頂で昼食を摂っていると青空がどんどん広がってきて喜茂別岳・無意根山も展望できるようになってきた、中山スキー場も見え位置関係が良く分る、近くの山肌の雪が緩み雪崩る前のように割れ目が広がっていた。
f0041230_17433586.jpg
◆雪崩を起こしかけている斜面をズーム

f0041230_17435399.jpg
◆230号線の登山口へ降る
[PR]

by sdezaki | 2008-03-25 17:30 | ゆったり山歩 | Comments(0)
2008年 03月 21日
春めく小樽
デジカメくらぶで小樽撮影の日

f0041230_23455555.jpg
◆赤岩断崖
[PR]

by sdezaki | 2008-03-21 23:47 | 風景 | Comments(4)
2008年 03月 16日
湖上をスノーハイキング
3/16 登山クラブで冬の湖上散策を初体験してきた。
国道453号線オコタン分岐から全員スノーシュー、カンジキでオコタンペ湖へ、展望台を過ぎたところから湖へ降りた、恐る恐る氷の上に乗って見た。

f0041230_16273979.jpg
◆氷の厚さは大丈夫?、いつもとは逆位置から見る恵庭岳

昨日一日小雨が降っていたのでチョッと不安であった、ストックをしつこく突き刺してみる、氷はまだまだ厚そうであった。スノーシューやスキー跡があちこちに残っていた。
私はスキー跡の上を慎重にすすむ、沖合いに今日の目的の二つの小島がある。
少しづつ天気も良くなり、右手高く、漁岳(イザリ)が聳え尾根続きに左手の小漁岳まで真っ白に輝いている。

f0041230_21445759.jpg
◆春山登山で人気のある漁岳

f0041230_21451438.jpg
◆白い尾根続きの小漁岳

f0041230_21453453.jpg
◆小島からの漁岳

振り返ると山頂部に特徴のある恵庭岳が鋭く聳えている。この景色を愉しみながら小島でランチを摂る事にした、天気も徐々に回復してラッキーな湖上散策だった。

f0041230_2146111.jpg
◆芽吹き始めた谷間のネコヤナギ
[PR]

by sdezaki | 2008-03-16 21:36 | ゆったり山歩 | Comments(0)
2008年 03月 09日
雪どけ
沢すじにぽっかりと穴が開き雪のトンネルから春の音がする、サラサラ、ポコポコと。

f0041230_21575941.jpg



f0041230_21205736.jpg

[PR]

by sdezaki | 2008-03-09 21:18 | 風景 | Comments(4)
2008年 03月 07日
三段山はガスの中
3/6 三段山、今年も山スキーの名所へ山の仲間とやってきた。昨年は三段目の壁で撤退した。
今年は6,7日と厚い雲とガスと小雪に合い、二段目を登ったところで2~30m先がホワイトアウトの状態だ。何も見えないのでは仕方なく「又来年だね!」と退却となった。

f0041230_1219217.jpg
◆前日、凌雲閣から三段山方向へ足慣らし

f0041230_12192571.jpg
◆一瞬弱い光が射した安政火口方向

f0041230_1220749.jpg
◆スノーシューで一段目を登る

f0041230_12202996.jpg
◆太陽の明るさが感じるほどの曇り空

f0041230_1220436.jpg
◆白銀荘に続くトドマツが綺麗だ
[PR]

by sdezaki | 2008-03-07 12:18 | ゆったり山歩 | Comments(0)